奈技工房 ソファブランド「UEN」の立ち上げとショールームをリニューアルオープン

奈技工房 ソファブランド「UEN」の立ち上げとショールームをリニューアルオープン

奈技工房(東大阪市新池島町 小谷幸宏社長)は、このほど、自社のソファブランド「UEN(有縁―うえん)」の立ち上げを機に自社ショールームをリニューアルオープンした。

奈技工房は、モノづくりの町東大阪で木取りから張地の縫製まで一貫して自社工場で生産している。もともと百貨店などに高級ソファを卸したり、一部、高級ホテルやアパレル向けのOEMなども行ってきた知る人ぞ知るソファメーカーだ。

フレームは無垢材を使い、木材に凹凸を組み入れ強度を高めている。またクッションのスプリングはバネを紐で結ぶ作業を繰り返す「単バネ吊り」という手法を用いている。昔ながらの手法の馬毛を入れるなどの手間をかけた製品もある。このような日本製のモノづくりの丁寧さ、本当のソファーづくりをアピールしていくため自社ブランドを広めてきたいと小谷社長は語る。

ショールーム下階にある工房
ショールーム下階にある工房

80坪ほどのショールームには、30万円から100万円以上するソファが展示してある。その半分以上は新たに立ち上げた「UEN」ブランドが並ぶ。今回の新ブランド立ち上げを機に、NORTH LAND DESIGN(ノースランドデザイン)伊藤浩平氏と組み、カタログからショールームまで、ソファひとつの見せ方にこだわった。

ショールームの下の工房には熟練職人から若手までがソファの製作を行っており、製作工程も見ることができる。つい最近でも高額品が売れたそうだ。制作工程や世界観を伝えることで、皆値段に納得して買っていくのだという。

モノづくりの町でソファに向き合い半世紀。今は関西圏の顧客が主流だが、今後はこの新ブランドが全国的に広まっていきそうだ。

奈技工房ウェブサイト
NORTH LAND DESIGN ウェブサイト

▼奈技工房ショールーム