夏バテ実感の7割が睡眠に悩みあり/大塚家具 睡眠に関する意識調査

寝装ジャーナル紙面より

大塚家具(東京都江東区、大塚久美子社長)はこのほど「睡眠に関する意識調査」の結果を発表した。

20歳〜59歳の男女995人に対し実施した。特に夏バテと睡眠、寝具の関係を探っている。

まず、全体として睡眠の満足度の調査では、64%が現在の睡眠に対して不満を感じている。「とても満足」と答えたのは3%に過ぎない。睡眠で悩みを抱えている人が多いことがわかる。「夏バテ実感の有無」と「睡眠満足度」の関係については、夏バテを実感する人の72%は睡眠に不満があると回答し、夏バテを実感しない人の57%に対し、15%高いことがわかった。睡眠の満足度を高めることによって、夏バテの解消につながる可能性がある。

寝具の満足度と夏バテ実感の有無の関係については、夏バテを実感している人の約50%が寝具に対して不満があると回答している。前項同様夏バテを実感しないと回答した35%の不満に対して15%高いことがわかった。したがって、夏バテを実感するかどうかは、睡眠の満足度だけではなく、寝具の満足度も大きく関わることがわかる。

にもかかわらず、夏バテと寝具の関係性の意識は、意外にも低い。夏バテの実感と関係性が高いと考えられる寝具が原因と答えたのは、15%。「眠る前テレビ、スマホをする」が原因と答えた19%よりも低い。この調査から寝具が夏バテの原因の1つであると考える人は少ないことがわかった。

夏バテの実感の有無を職業別に調査した。夏バテを実感している割合が低い職業は「経営者」「役員」29%、次いで「自営業者」35%と続く。意外にも夏バテを実感している最も多かったのが専業主婦」で52%だった。

夏バテの実感が少ない「経営者」「役員」と、夏バテ実感最多の専業主婦の睡眠満足度を比較調査した。

睡眠満足度においても、「経営者」「役員」のほうが21%も満足度が高かった。寝具について同様の比較調査をしたところ、満足度で16%高い結果となった。

夏バテを起こさないためには、十分で快適な睡眠をとることとともに、自身が満足する寝具を使用することが対策の一つであることがわかる。


この記事は紙面の一部を抜粋しています

大塚家具ウェブサイト

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから