SOLID FURNITURE STORE がオープン/販売店とメーカーによる新しいカタチの家具店が誕生

Web限定 Pickup ニュース

SOLID FURNITURE STORE

無垢材にこだわった将来のヴィンテージ家具を販売

ミヤモト家具(富山県富山市 宮本豊彰社長)とナガノインテリア工業(福岡県甘木市 永野貴啓社長)は、9月23日にインテリアショップ「SOLID FURNITURE STORE」を富山県富山市にオープンした。2階建て建物の2階部分約165m²のスペースに無垢材を使ったオリジナル家具を販売する。富山県に店舗を構えるミヤモト家具が運営を行い、ナガノインテリア工業が製造を請け負う。しかし、単に販売を販売店が行い、製造をメーカーが行うだけという画一的な分担ではない。2社の社員たちが意見を出し合いながら製品開発を行い、販売も両社がアイディアを出し合うという新しいスタイルの家具店運営となる。

元々、取引のあったミヤモト家具の宮本社長とナガノインテリア工業の永野社長が家具の在り方についてにやりたいことや目指すべき方向が一致し、今回の共同プロジェクトが進んだ。製品は、無垢材を使ったテーブルやソファなどトータルで揃える。未来のヴィンテージ家具をキーワードに経年変化を楽しんでもらう家具だ。また、ソファなどの張地にも天然素材にこだわった。例えば、革ならアニリン仕上げの皮革を使い、布張りには帆布を使っている。

SOLID FURNITURE STORE

家具には使用されないような木材部分も敢えて使用しむき出しの天然素材の良さを全面に出した。店舗は、インダストリアルな空間に無垢の家具を展示することでシンプルなデザインでありながら、力強さを表現した演出になっている。

販売後のアフターメンテナンスも充実させることで地域に根差した持続的な運営を目指している。今後は、同店のようなオンリーショップを全国に展開したり、SOLID MEMBERSの会を立ち上げるのも視野に入れているという。

オープンから間もないが宮本社長は「特に大々的な告知もしていなかったが、姉妹店で知って来ていただくお客さんも多い。長年、地元密着型でやってきたのでファンが聞きつけて来店してくれる。今のところ好調な走り出し」と話している。

SOLID FURNITURE STORE

SOLID FURNITURE STORE ウェブサイト

▼SOLID FURNITURE STORE