ホームファッションジャーナル創刊のお知らせ

アイクからのお知らせ

平成29年1月25日
株式会社アイクはホームファッションジャーナルを創刊いたしました。毎月25日号のホームリビング本紙と共にお届けいたします。ホームリビング、寝装ジャーナル共々、よろしくお願い致します。

ホームファッションジャーナル

創刊のご挨拶/本紙社長:長島貴好

装いを持った住生活創造へ

2016年7月の寝装ジャーナル創刊に続き、2017年1月25日を以って「ホームファッションジャーナル」を発刊しました。ホームファッションという言葉は業界用語や市場用語としては未だ定義はなく、専門的ビジネス用語としてはニトリ(本部・東京都北区赤羽、白井俊之社長)がいまから約18年前、埼玉県草加市に55番目の店舗、6600m²の新店を出す頃から「ホームファッション」という新業態をマーケットに打ち出しました。

厳密に言えば「ファッション」とは流行、特に服装のはやりを指す、方法や仕方の意もある、と旺文社の新辞典にあります。

もともとはファニチャー(家具)から始まり、ファニシング(装う、整える)からファッション(飾る)という概要区分を、住生活関連業界では想定してきました。アメリカでは家具の主要ビジネス催事を行うハイポイントで、インターナショナル・ホームファニシングセンター(H・FIC)がメイン会場になり、ファニシングがインテリアライフ産業の総称となってきました。

この傾向は欧州でもまたアセアンも同様で「住生活の様式創造による快適さ、憩い」の訴求、追求、付加価値の創出となってきました。H・Fというコンセプト影響は、1月にパリで開くメゾン・エ・オブジェ(生活雑貨、室内装飾品、暮らしのコーディネート)フェアに啓発・影響されてきた一面があります。20年弱の時代経過のなかでニトリを嚆矢とし、本紙は家具以上の住生活産業を形成した成長分野の専門紙として関連商品にスポットを当て、住生活ファッションビジネスの進展に貢献いたします。