匠大塚 スペイン最高峰インテリアブランドの最新シリーズを販売開始

匠大塚 スペイン最高峰インテリアブランドの最新シリーズを販売開始

匠大塚(東京都中央区、大塚勝之社長)は、インテリアの本場イタリアで開催される世界最大のインテリア見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」にて発表されたスペイン最高峰のインテリアブランド「HULTADO(ウルタード)」の最新シリーズの中から、日本初となる「SOHO Collection」の取扱いを開始した。

ウルタードは、1940年にスペイン・バレンシアで創立されたスペイン屈指のインテリアブランドで、クラシックやコンテンポラリースタイルの家具製造で国際的評価を得ており、50カ国以上の地域で販売中だ。生産ラインは、木象嵌から完成品の梱包まで、すべて自社の設備で最新の技術システムと厳しい品質管理の下で行われ、スペイン家具の高い技術を受け継ぐ三世代にわたる長い歴史と、クオリティーの高さを誇るブランドとして、多くの人々に愛され続けてきた。

HULTADO

今回、同社が取扱いを始めた「SOHO Collection」は、世界中を旅してインスパイアされたモダンデザインと、流行に左右されないクラシックモダンを融合し、大理石、レザー、真鍮など上質で魅惑的な素材を複合的に用いた優美なデザインが特徴のシリーズ。

製品ラインナップは、ダイニングテーブル、ダイニングチェア、ダイニングチェア(アーム)、テレビボード、サイドボード。取扱い店舗は、匠大塚東京日本橋(東京日本橋タワー25階)および匠大塚春日部本店。なお、同社は、現在日本で唯一のウルタード製品取扱店。


この記事は紙面の一部を抜粋しています

匠大塚ウェブサイト

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから