三越伊勢丹とカルビー コラボ催事を開催

ホームファッションジャーナル紙面より

ファッションと食掛け合わせ新たなライフスタイル提案

カルビー(東京都千代田区、伊藤秀二社長)は三越伊勢丹(東京都新宿区、大西洋社長)とコラボレーションし、昔懐かしの日本のロングセラーお菓子を集めたイベント「15:00#かわいい#おかし#たのしい×Yesterdays tomorrow」を、2月8日から14日まで、伊勢丹新宿店2階=センターパーク/ザ・ステージ#2にて開催する。

同イベントのテーマは「SHARE HEART」で、両社の強みである「食」と「ファッション」を掛け合わせたからこそ表現できる世界観を打ち出す。キーワードに「#かわいい」、「#おかし(なつかしい)」、「#たのしい」を掲げ、珍しいお菓子やお菓子モチーフの日用品・雑貨など思わずSNSでシェアしたくなるようなフォトジェニックなアイテムを販売する。

店頭には、お菓子の量り売りコーナーが設けられ、お馴染み製菓メーカーのレアなお菓子から、子供のころから親しんだ昔懐かしいお菓子など、およそ100種類の様々なお菓子が全国から勢ぞろいする。また、会場にディスプレイされるオリジナルのシャンデリアは、シャンデリアアーティストのキム・ソンヘ氏がお菓子などを用いて制作したもので、見どころである。

お菓子モチーフのアイテムは、同社を代表する製菓「ポテトチップスうすしお味」や「かっぱえびせん」のパッケージをそのままデザインしたパソコンケースや、アイスクリームやイチゴ大福などのお菓子柄の缶バッジ(3個セット)などが展開。加えて、クリエーターとコラボレーションしたお菓子モチーフのアイテムが多数ラインナップされる。イラストレーター・スタンプアーティストのAkko氏が同イベントのために制作した、ギンビス「たべっ子どうぶつ」柄スタンプをプリントしたサーモマグや、イラストレータの野々なずな氏による精密なお菓子が描かれたクッション、マスキングテープ、ミラー、京都の雑貨ブランド・「nanako plus+(ナナコプラス)」のキャンディーをモチーフにしたアクセサリー、ビスケットなど本物のお菓子を樹脂加工して作られた「ROTARI PARKER(ロタリパーカー)」のアクセサリーなど、日常で使える雑貨が販売される。

そのほか、店頭では、Akko氏作成のスタンプで、自分でカスタムできるトートバックの販売や、自分好みのお菓子を選んで包装機でラッピングできるサービスも行われる。

さらに、「15時のおやつ」にちなみ、15時に各メーカーのおやつキャラクターが来店する。カルビー「じゃがりこ」のじゃがお、「かっぱえびせん」のかっぱえびくん、「じゃがビー」のポッタに加え、江崎グリコ「カプリコ」のカプすけ、森永製菓「チョコボール」のキョロちゃんが登場予定。商品購入者限定でキャラクターとのチェキ撮影などのイベントが行われる。


この記事は紙面の一部を抜粋しています

三越伊勢丹ホールディングスウェブサイト
カルビーウェブサイト

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから