【PROPOSTE】 コモ湖畔に集う一流のテキスタイル❶

記者会見でイノベーション力を語る

5月上旬に、イタリア・コモ県チェルノッビオで開催したプロポステ。

開催2日目には、プレスルームにて記者会見が行われた。プロポステ社の社長、マウロ・カヴェッリ氏とゼネラルマネジャーのマッシモ・モジェッロ氏が出席し、来場者数を国別に発表した後、集まった記者からの質問に答えた。

まず、今年のトレンドについて聞かれたカヴェッリ氏は「色柄は、昨年に引き続き幾何学柄を多く見掛けたほか、単色のパステルカラーも人気がある。また、コントラクト需要増を受け、防炎や遮光など機能性を付与した布地も増えている。イノベーションも盛んで、プラスティックコーティングした完全遮光の布地など、より高い機能を持つ製品が出てきた。

記者会見のようす。テーブルの左奥に座るのが、左からマッシモ・モジェッロ氏、通訳、マウロ・カヴェッリ氏
会場内

続きは本紙にて

この記事は紙面の一部を抜粋しています

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから