インテリアライフスタイル開催 〈レポート①〉

デザイン、コンセプト共に趣向凝らした新作集まる

山田遊氏が手掛けたアトリウム企画
「For Here Or To Go?」をテーマに

「インテリアライフスタイル(Interior lifestyle TOKYO)」が、メッセフランクフルトジャパン(東京都千代田区、梶原靖志社長)主催のもと、5月30日~6月1日の3日間開催した。会場は、東京ビッグサイトの西1~4ホールとアトリウム。

約30カ国・地域から800社近くの企業が出展し、家具、ホームファニシング、雑貨、アクセサリーなど新作の訴求に総力をあげた。

アトリウムでは、特別企画としてメソッド代表の山田遊氏をディレクターに迎え、「For Here Or To Go?」をテーマに新たな商談の場を作り上げた。各社、カジュアルな雰囲気のなか、気軽に商談を楽しみつつ、ビジネスへと発展させていた。

会場内の一角に設けられた特設ステージ「ライフスタイル・サロン」では、世界のトレンドやカリスマバイヤーたちの視点など、有益な情報を提供する各種セミナーやトークセッションが3日間にわたり行われた。

続きは本紙にて

この記事は紙面の一部を抜粋しています

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから