飛驒の家具館東京 「森のことば」新作展示

カウチタイプの新ソファ

飛驒産業(岐阜県高山市、岡田贊三社長)は6月19日から21日、飛驒の家具館東京(東京都港区)で、「森のことば」シリーズ新作の先行展示を行った。

同シリーズに新しくカウチタイプのソファが登場した。新作ソファで従来の仕様から大きく変更がなされたのは背中のクッション部分である。従来のものは背もたれに沿って一つの大きなクッションを使用していた。新作はフェザー100%の柔らかいクッションに仕様を変更し、座りやすい位置に置いての使用や、膝の上に置いての使用など、好みの使い方ができるようになった。座面のクッションも厚手にし、よりリラックスできる仕様となった。

続きは本紙にて

この記事は紙面の一部を抜粋しています

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから