「第29回インド家庭用品展」開催

多彩なインテリアファブリックスに熱い視線

インド繊維品企業63社が出展
日本人の好み意識したデザイン

国内最大級のインドガーメント&ホームファニシング展の一画を構成する「第29回インド家庭用品展(IHF)」がインド貿易振興局(ITPO)の主催により、7月18日~20日の3日間、マイドームおおさか(大阪市中央区)で開催された。

また、同展と同時開催で「第39回インド衣料品展(IGF)」と「第1回インドシルクフェア(ISF)」の2展示会も併催された。

IHFを始めとするこれら3展示会は、日印間のテキスタイル、衣料品、ホームファッション製品の貿易促進を目的として、毎年、ITPOの主催により、日本国内で開催されてきた。内容的にも日本の生販卸の繊維関係者向けに絞られているため、日本企業にとってもユニークなビジネスチャンスに繋がると好評を博してきた。

続きは本紙にて

この記事は紙面の一部を抜粋しています

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから