ヤマダ電機「家電住まいる館」徹底レポート

家具インテリア販売の実態を探る

昨年6月、群馬県前橋市に第一号店がオープンした、ヤマダ電機(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)の「家電住まいる館YAMADA」。家電に留まらず、家具インテリア、リフォームで総合的に住まいを提案する店舗だ。現在、埼玉に7店舗、神奈川に5店舗、北海道、長野、千葉に3店舗、茨城、群馬、兵庫、福岡に2店舗、秋田、岩手、東京、新潟、石川、愛知、岐阜、大阪、奈良、広島、山口、香川、高知、熊本にそれぞれ1店舗――の全国43店舗を展開する。

東京都では唯一の店舗となる品川大井町店(品川区東大井5―20―1)と、千葉県にある柏店(柏市大山台1―22)の、都心店、郊外店それぞれの売り場、商品構成、販売方法をレポートする。

続きは本紙にて

この記事は紙面の一部を抜粋しています

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから