MIKAZE LED脱臭照明発売

天井取付で脱臭・除菌・ウイルス除去可能

大陽工業(東京都品川区、酒井陽太社長)は、LED照明に「脱臭・除菌・ウイルス除去」機能を搭載した天井取付型脱臭機MIKAZE LED脱臭照明を6月に発売した。

同製品は天井に設置して室内の空気を吸引した後、搭載された光触媒フィルターの強い酸化力により優れた分解能力を発揮、さらに深紫外線LED(波長275㎚)を当てることで臭いを分解、細菌を除去、ウイルスを不活性化し、浄化されたクリーンな空気を室内に戻す。1台で1~3畳の頻繁に換気のできない小空間の空気を24時間クリーンに保つ。

取付工事不要で天井の電球の代わりに取り付けるだけでスペースを取らずに設置可能。消臭剤や芳香剤などの化学物質を使わず、イオンやオゾンの散布や残留もない安心・安全な空間洗浄方法。交換の必要な消耗品もなく光触媒フィルターは定期的な洗浄のみで効果が持続する。

照明は利用シーン別に明るさを60W相当と30W相当の2段階に切り替え可能で、電球色と昼光色の2種類を販売。さらに人感センサーを搭載しているのでスイッチに触れることなく自動点灯・消灯を行い、照明の消し忘れの心配がない。滞在時間の短いトイレや玄関などで便利だ。

同社は今年創業73年を迎え、長年板金塗装の技術や業務用装置製造、プリント配線基板などモノづくりの基盤を支えてきた。「今まで培ってきた技術と近年光触媒技術を利用した空間清浄技術の開発に取り組み、新たな安心・安全な生活環境の構築に貢献するために製品を開発した」と中川隆一カンパニー長。今後も除菌・ウイルス不活性化などの製品開発・提供を進めていく。

ホームリビング/寝装ジャーナル 購読に関するお問い合わせはこちらから