【ジャパンインテリア総合展2021ピックアップ出展社紹介】

■ウィドゥ・スタイル(Uゾーン)
ウィドゥ・スタイル(大阪府豊中市、井上秀逸社長)は、積水成型工業とのコラボレーションモデル、高機能畳MIGUSA「Bicolor」と飛沫拡散防止パネル「テーブルシールド」をメインに展示する。両モデルとも時代に即応したアルコール消毒が可能でコロナ禍でも安心な製品だ。

■弘益(自社SR)
弘益(愛知県清須市、武藤茂樹社長)は、総合カタログ「UTILITY」掲載のオフィス製品とホームユース製品を中心に展示する。そのほかにも、ブーム真っ只中のアウトドア商材「HangOut」や、柿渋オイル仕上の国産木製家具「KKEITO」など、同社オリジナルブランドアイテムも多数展示。

■サンキコーポレーション(産業会館)
サンキコーポレーション(福岡県筑後市、田中明社長)は、「ヴァーノン」をはじめとする「レナータ」、「チャド」等ベッドフレーム各種、LDセット「クレマ」、「アラム」等を展示する。「ヴァーノン」等のベッドフレームはベッド用コンセントがスマートコネクト仕様となっており、ベッドヘッド内部にコンセントを入れることで携帯充電時のコード等を必要な分だけ調整しスマートに見せることができる。

他にも様々な企業が出展予定(2021年3月15日号紙面より)

……続きは本紙をご覧ください