【香港貿発局新首席代表にベンジャミン・ヤウ氏】

――日本と香港・中国の経済懸け橋を担う

 中国の統治が強まる香港で、対日外交を担う香港貿易発展局の日本首席代表に新らたに2月15日付けでベンジャミン・ヤウ氏が就任した。前首席サイラス・チュー氏が欧州首席代表に就任したため、ベンジャミン氏に交代したもの。

 同氏は英国ケンブリッジ大学を卒業後、早稲田大学国際部に学び、東京事務所長、大阪事務所長などを歴任、日本と香港の交流、貿易促進に貢献してきた。

 本紙では全人代開催中の香港の今後の対日交流、政策などにつき、ベンジャミン氏の抱負を聞いた。
(2021年3月15日号紙面より)

……続きは本紙をご覧ください