マットレス大学 マットレスと腰痛の悩みの影響度調査(2021年6月25日号から)

高反発か低反発かは悩みに影響せず

寝具系総合メディア「マットレス大学」を運営するライフアカデミア(神奈川県秦野市、鎌田大樹代表)は、700人に対し、腰痛の悩み状況とマットレスの腰痛への影響度を調査した。

調査概要は次の通り。

▷腰痛に悩んでいる人の割合(男女別・年齢別・体重別)

▷使用中のマットレスが腰痛に悪い影響を与えていると思う人の割合

▷高反発・低反発マットレス別の腰痛に悩んでいる人の割合

まず、腰痛に悩んでいる人の割合を回答者全体からみる。

「やや悩んでいる(47・1%)」と回答した人が最も多く、次いで「あまり悩んでいない(32・1%)」、「全然悩んでいない(11・1%)」、「かなり悩んでいる(9・6%)」と続いた。

「やや悩んでいる」を含めると60%近い半数以上の人が腰痛に悩んでいることが分かった。また、「かなり悩んでいる」はおよそ10%と、10人に1人が深刻に腰痛について悩んでいる。

次に、腰痛に悩んでいる人の割合を男女別でみる。

まず男性は、「やや悩んでいる(47・2%)」と回答した人が最も多く、「あまり悩んでいない(33・5%)」、「全然悩んでいない(10・9%)」、「かなり悩んでいる(8・4%)」と続いた。

女性も同様に、「やや悩んでいる(47・1%)」と回答した人が最も多く、次いで「あまり悩んでいない(31・0%)」、「全然悩んでいない(11・4%)」、「かなり悩んでいる(10・6%)」と続いた。

男女別でみると、ほぼ同じ割合ではあるものの、やや女性の方が、深刻に腰痛に悩んでいる人が多い結果となった。

同様に、年齢別でみると、わずかに、年齢が上がるにつれて腰痛で悩む人の割合は増える傾向にあった。

また、体重別でみると、体重が軽い人よりも重い人の方が、わずかに腰痛に悩む人が多い結果となった。しかし、大きな相関関係はみられなかった。

続いて、使用しているマットレスが腰痛に悪い影響を与えていると思う人の割合をみる。

「やや悪い影響を与えていると思う(50・4%)」と回答した人が最も多く、次いで「あまり悪い影響を与えていると思わない(39・8%)」、「かなり悪い影響を与えていると思う(5・0%)」、「全然悪い影響を与えていると思わない(4・8%)」と続いた。

「やや悪い影響を与えていると思う」を含めると半数以上の約55%の人が、現在使用しているマットレスが腰痛に悪い影響を与えていると感じていることが分かった。

最後に、高反発・低反発マットレス別の腰痛に悩んでいる人の割合をみる。

高反発マットレス使用者では、「やや悩んでいる(49・2%)」と回答した人が最も多く、次いで「あまり悩んでいない(27・4%)」、「全然悩んでいない(12・3%)」、「かなり悩んでいる(11・1%)」と続いた。

低反発マットレス使用者も同様に、「やや悩んでいる(45・3%)」と回答した人が最も多く、「あまり悩んでいない(36・3%)」、「全然悩んでいない(10・1%)」、「かなり悩んでいる(8・3%)」と続いた。

高反発マットレスと低反発マットレスそれぞれの使用者で、腰痛の悩みに大きな変化は見られなかった。

なお、調査対象の構成は次の通り。①男性322人(構成比46・0%)/女性378人(同54・0%)、②10歳代4人(同0・6%)/20歳代98人(同14・0%)/30歳代218人(同31・1%)/40歳代235人(同33・6%)/50歳代116人(同16・6%)/60歳代23人(同3・3%)/70歳代6人(同0・9%)、③40㎏未満13人(同1・9%)/40から49㎏152人(同21・7%)/50から59㎏241人(同34・4%)/60から69㎏164人(同23・4%)/70から79㎏83人(同11・9%)/80から89㎏28人(同4・0%)/90㎏以上19人(同2・7%)、④高反発マットレス使用者325人(同46・4%)/低反発マットレス使用者375人(同53・6%)。

 

今回の調査から、「やや悩んでいる」人も含めると腰痛に悩んでいる人は60%程度で、腰痛に深刻に悩んでいる人はおよそ10人に1人だということが分かった。また、女性の方がやや腰痛で悩んでいる人が多く、年齢が上がるにつれて腰痛で悩む人がやや増える傾向にあった。

加えて、腰痛に悩む過半数の人が、マットレスが原因の一部だと実感していた。なお、高反発マットレスを使っていても、低反発マットレスを使っていても同程度の人が腰痛に悩んでいることから、同社は「使用しているマットレスの硬さが合っていないことも原因の一つ」と推測し、「マットレスは体重に合った硬さを選ぶことが重要」と述べる。

同社は「今後も睡眠に関わる様々なデータを調査し、当メディアユーザーの睡眠リテラシーを高めていければ良いと考えている」と述べる。

また、データと図はライフアカデミアが運営するマットレス大学から引用。

▷マットレス大学:https://xn--zcktap0g6c0563a9jd.com/

▷ライフアカデミア:https://life-academia.co.jp/

調査対象の構成は、ライフアカデミア提供の資料をもとに、弊社にて集計。